あなたの変化に、そっと寄りそう

あなたの変化に、そっと寄りそう

【めがねグッズ特集 前編】“めがね拭き”だけが「めがねグッズ」じゃないんです

【めがねグッズ特集 前編】“めがね拭き”だけが「めがねグッズ」じゃないんです

| めがね新聞編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

めがねにまつわる「めがねグッズ」といえば、何が思い浮かびますか?
めがね拭きに、めがねケース、そして……。「その他に何かあるの?」…と、思ったあなた! めがねグッズはそれだけじゃないんです!!

ということで、めがねの聖地・鯖江で行われている「めがねフェス」に行ってきました!

「めがねフェス」は、福井県・鯖江市で毎年行われているイベントです。ゲームやステージ、ショップと様々な形でめがねに、触れることができます。そして、鯖江産の様々なブランドのめがねだけでなく、たくさんのめがねグッズに出会える場でもあるのです!

毎年、イベントの回を重ねるごとに、クオリティが上がっているめがねグッズの数々。それらは、福井県内外から集まったクリエイターやアーティスト達が、この日を目指して製作したものです。

そんな「めがねグッズ」にスポットを当てようと、今年のめがねフェスではついに「めがねグッズグランプリ」行われました!

ノミネートされためがねグッズを見ていくと、それぞれに沢山のこだわりやストーリーが詰まっていそう…これはひとつひとつお話を聞いてみたい! といても立ってもいられなくなっためがね新聞編集部は、今回ノミネートされためがねグッズの中から、編集部が注目しためがねグッズの製作者の方々にお話を伺ってきました。

来場者の財布の紐が、ついつい緩んでしまう「めがねグッズ」の数々をどうぞ!

鯖江ならでは! アセテートを使った手作り雑貨

プラスチックのめがねフレームの素材である「アセテート」を使って、アクセサリーや雑貨を手作りしている「メガネ素材工房 mamas」。めがねをかけた女の子がモチーフのアクセサリーや、めがねや恐竜の形のアセテートのマグネットが人気です!

マグネットは超強力な磁石を使っているので、コピー用紙10枚ぐらいは挟めるという(mamasの山田さんが実験済み)、実用性も抜群。

【めがねグッズ特集】“めがね拭き”だけが「めがねグッズ」じゃないんです 前編
「メガネ素材工房 mamas」の山田さん。毎年めがねフェスのためにどんなアクセサリーを作ろうか楽しみなんだそうです。

アセテートは色柄が豊富で磨くとツヤが出るという特徴があります。カラフルでツヤツヤな雑貨が日常にあるとなんだかワクワクしますね! また、mamasの雑貨に使われているアセテートはめがねと同様に職人さんが手磨きでツヤツヤに仕上げているので、品質も折り紙つきなのです。

来年はどんなアセテートの雑貨やアクセサリーができるのか? 新商品が楽しみです!

■メガネ素材工房 mamas
https://www.facebook.com/nikkorimamas

理系とめがねは好相性!?

シャーレやフラスコ、ビーカーなど、誰もが昔お世話になった「理系雑貨」に、かわいらしいめがねのイラストが書かれた雑貨を販売している「RIKEI-ZAKKA」。
もともと実験道具や検査器具を扱っていて、それらを研究所や病院だけでなく、優れたデザインの理系雑貨を家でも使ってもらおうという「理系雑貨のある暮らし」の提案を開始。理科の実験などで使う「シャーレ」には、めがねフェス仕様でめがねのイラストが!

【めがねグッズ特集】“めがね拭き”だけが「めがねグッズ」じゃないんです 前編

今回は検査器具とめがねを絡めたアイテムを作れないかと試行錯誤し、ランドルト環やフラスコの「理系」イラスト取り入れたデザインのめがね拭きができました。
理系とめがねを掛け合わせたデザインを楽しめる、実用的なめがねグッズです!

【めがねグッズ特集】“めがね拭き”だけが「めがねグッズ」じゃないんです 前編
代表の福島さん(右)は、2017年にめがねファッションスナップに登場していただきました。

白衣を着たいわゆる「理系男子」はめがねが似合うし、大体めがねをかけているという話をお店の人から伺い、「確かに…理系とめがねは相性が良いんだな」と感じためがね新聞編集部でした。

来年も新たな理系雑貨×めがねの提案を、楽しみにしています!!

■RIKEI-ZAKKA
https://rikei-zakka.com

昼も夜も楽しめる、これぞ新時代のTシャツ!

めがねフェス初参加のファッションブランド「LIGHT FORCE STORE」のTシャツは、めがね柄がプリントされただけのTシャツではありません。全てのTシャツのデザインに反射材が使用されているのです。デザインによっては、反射して違うデザインが浮き出てくるという一枚で二度美味しいTシャツも!

【めがねグッズ特集】“めがね拭き”だけが「めがねグッズ」じゃないんです 前編
【めがねグッズ特集】“めがね拭き”だけが「めがねグッズ」じゃないんです 前編

左のTシャツは視力検査でおなじみのランドルト環が、右のTシャツはめがね光って浮き上がります。まぶしい!

反射材は白く光るのが一般的ですが、LIGHT FORCE STOREで使用されているの反射材は虹色に光るのが特徴(特許取得済み)。この面白さをもっとカジュアルに身につけようというコンセプトでファッションブランド「LIGHT FORCE STORE」が立ち上がりました。

今年のめがねフェスオフィシャルTシャツも実はLIGHT FORCE STOREの反射材が仕込まれており、暗いところではこのように光ります!!

【めがねグッズ特集】“めがね拭き”だけが「めがねグッズ」じゃないんです 前編
【めがねグッズ特集】“めがね拭き”だけが「めがねグッズ」じゃないんです 前編

左は通常モードのめがねフェスTシャツ。暗いところで光を反射したり、フラッシュ撮影をすると右のようにロゴが光ります。まぶしい!

安全の為に使われるというイメージのある反射材が、こんなにおしゃれなTシャツに! これで夜道も安全です。…なんてナイスアイデアなのでしょう。

今後も反射材を使ってどんなデザインのTシャツが作られるのか注目です!

■LIGHT FORCE STORE
https://lightforcestore.com

祝! めがねグッズグランプリ受賞!! 「めがねてぬぐい」

めがねグッズグランプリ第1回、接戦を勝ち抜いて栄えあるグランプリを獲得したのは、大阪・堺市からやってきた「めがねてぬぐい」!

【めがねグッズ特集】“めがね拭き”だけが「めがねグッズ」じゃないんです 前編
「てぬぐいフェス実行委員会」の宮本さん。優勝トロフィーとともに記念撮影。おめでとうございます!

めがねをかけた5人の顔が大きくデザインされた、カラフルでインパクトのあるてぬぐいは、色のグラデーションもキレイ! そしてよく見るとラウンド型やウェリントン型など様々な形のめがねをかけています。これは、かなりのめがね通でなければデザインできない柄です!

ちなみにグランプリを受賞したてぬぐいと、めがねが敷き詰められためがね柄のてぬぐいはふたつとも今年のめがねフェスの為に作られたオリジナルデザイン! どちらも大人気で、取材させていただいた時点では、残りもうわずかでした。

【めがねグッズ特集】“めがね拭き”だけが「めがねグッズ」じゃないんです 前編
こんなふうに額縁に入れて飾ってもステキです!

大阪の堺市はてぬぐいの産地。「てぬぐいフェス」は毎年、産地のPRも兼ねてめがねフェスに参加しています。てぬぐい製作の実演も行っていました。実演では、毎回沢山人が集まって大盛況でしたよ。

【めがねグッズ特集】“めがね拭き”だけが「めがねグッズ」じゃないんです 前編
てぬぐい製作の工程のひとつ「注染」という作業の実演。

来年は、どんなめがね柄のてぬぐいが見れるのでしょうか? 今から楽しみです!

■てぬぐいフェス
https://tenuguifes.com

「めがねグッズ特集 前編」まとめ

雑貨から洋服まで、前編で既にめがねグッズの幅広さを実感していただけたかと思いますが、まだまだこれから! めがねグッズの世界はもっと奥深いんです!!

後編も沢山のめがねグッズをご紹介していきますよ。お楽しみに!

タグ