めがねの見方が変わるサイト

めがねの見方が変わるサイト

コンタクトレンズと同じ度数でめがねを作るのはNG!

コンタクトレンズと同じ度数でめがねを作るのはNG!

| めがね新聞編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

「このあいだコンタクト作るのに視力測ったから、めがねも同じでいいや」なんてコンタクトの度数をそのままお店伝えてめがねを作った経験はありませんか?そうするとコンタクトはぴったりなのに、めがねではぼやけてしまう…という方が多いはず。

この違い、めがねとコンタクトレンズでの度数が異なるために起こるんです。

めがねとコンタクトレンズの度数が違うのはなぜ?

理由は単純に、目とレンズの距離が違うから。めがねの場合は目から距離がありますから、目にぴったりとくっついているコンタクトレンズに比べて強い度数でないとピントを合わせることができません。

これを同じ度数で作ってしまうと同じ矯正視力を得ることができず、結果として目が疲れてしまい眼精疲労や頭痛の原因になることも。

まためがねを作る際には右目と左目の瞳孔間の距離を測り、フレーム(レンズ)の中心付近に瞳孔を合わせて度数を調整する必要があります。見え方はレンズの種類によっても異なってきます。

「自分の目の度数は○○だから…」と思わず、めがねを作る際はきちんと視力測定をしましょう。また見え方のギャップも目が疲れる要因になりえますので、コンタクトレンズの度数が変わった場合はめがねの度数も合わせてアップデートするのがおすすめです。

めがね新聞編集部
着用はしつつもめがねへの興味が薄かった人、めがねを常用している人、めがねが大好きな人…めがねに触れている全ての人が楽しめるメディアを目指します。