めがねの見方が変わるサイト

めがねの見方が変わるサイト

めがねをかけてお風呂に入るのはNG!プラスティックレンズは熱に弱い

めがねをかけてお風呂に入るのはNG!プラスティックレンズは熱に弱い

| めがね新聞編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

「めがねを外すとよく見えなくて危ないから」「面倒くさいから」とめがねをかけたままお風呂やサウナに入ったり、ドライヤーをしてはいませんか?実はそういった行為はめがねの寿命を一気に縮めてしまう要因になるんです。

めがねのレンズは熱に弱い

現在では約90%のめがねがプラスティックのレンズを用いて作られていますが、このプラスティックレンズは熱に弱いという性質を持っており、約60℃以上で膨張します。しかしレンズの表面に施されているコーティングはほとんど膨張しないため、プラスティックレンズの膨張についていけず、引っ張られて細かいひびが入ってしまうのです。こうなると、修理することはできません。

場所によって異なりますがサウナの温度は一般的に80℃以上ですし、ドライヤーの熱風温度は100°前後のものが多く、それ以上の製品も販売されています。

入浴時にはめがねを外して入るのが一番ですが、かけないと危ないこともありますよね。そんなときは以前使用していた古いめがねを使ったり、別途入浴用めがねを購入するのがおすすめです。

なお、夏の海辺や炎天下の車内といった高温の場所にめがねやサングラスを置きっぱなしにすることや、お湯での洗浄もNGです。「プラスティックレンズは熱に弱い」と覚えておきましょう。

めがね新聞編集部
着用はしつつもめがねへの興味が薄かった人、めがねを常用している人、めがねが大好きな人…めがねに触れている全ての人が楽しめるメディアを目指します。