めがね(メガネ・眼鏡)の見方が変わるサイト

めがね(メガネ・眼鏡)の見方が変わるサイト

10月1日「メガネの日」には「萩の鶴 メガネ専用」で乾杯しよう!

10月1日「メガネの日」には「萩の鶴 メガネ専用」で乾杯しよう!

| ふくちあつし
このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中には本当にたくさんの記念日がありますが、めがね好きにとって特別な一日となるのが10月1日。そう、「メガネの日」です。

めがね好きにとって、盆暮やクリスマスは忘れても、この日だけは忘れられないおめでたい日なのですが、実は10月1日は「日本酒の日」でもあるのです。 ウーン、これはもう飲むしかないでしょう! 今年も一年、愛用するめがねと無事に過ごせたことを祝って、日本酒で一杯やらねば!!

さてさて、10月1日を寿ぐのにぴったりのお酒が、宮城県は萩野酒造の日本酒「萩の鶴 メガネ専用」でございます。

蔵人全員めがね! 「萩の鶴 メガネ専用」

10月1日「メガネの日」には「萩の鶴 メガネ専用」で乾杯しよう!

「萩の鶴 メガネ専用」が誕生したのは2015年。自身もめがねキャラであるという萩野酒造の蔵元・佐藤洋平さんが、たまたま蔵人全員がめがねをかけていることに気づいたことをきっかけに、ある種の「シャレ」として商品化された日本酒が「萩の鶴 メガネ専用」です。

「全員メガネの蔵人で造りました」というキャッチコピーと、かわいらしいめがねのイラスト、そして視力測定でおなじみのマーク「ランドルト環」があしらわれたラベルは遊び心たっぷり。さらに今年は、ペーパークラフトの黒メガネ「メガネ専用伊達メガネ」のオマケ付き。どこまでも洒落が効いていて、なんとも愉快なお酒です。

そしてただのアイディア商品と思うなかれ! 「萩の鶴 メガネ専用」は職人が手をかけて丁寧に醸しあげた本格派の日本酒。香り・味わい・インパクトのある酸味の3つの要素をすべて際立たせるため、それぞれ別のタンクで仕込んだお酒を、最適な配合でブレンドして造られています。さらに今年は火入れ(加熱処理)することで、より品質を安定させたそうです。よく冷やして飲むのがおすすめとのこと!

「メガネの日」には「萩の鶴 メガネ専用」を飲もう!

「メガネの日」と「日本酒の日」である10月1日には、抽選でオリジナルグッズをプレゼントとするキャンペーンも実施されます。

10月1日~10月2日の間に、めがねをかけて「萩の鶴 メガネ専用」で乾杯している写真に、ハッシュタグ「#萩の鶴メガネで乾杯」を付けてインスタグラムに投稿することで応募が完了。自分で瓶を買わなくても、飲食店で提供されるものを飲んでいる写真でもOKとのこと。(詳細は下記のURLをご確認ください。)

めがねをかけて飲んだら、美味しさが倍増すること間違いなしの「萩の鶴 メガネ専用」。今年の「メガネの日」はこいつを冷酒でクイっといきたいところです。

……と、あおっておいて申し訳ありません。「萩の鶴 メガネ専用」は現在かなりの品薄状態。入手するのはちょっと難しいかもしれない状況です。でも、よーく探せばどこかのお店で飲むことができるかも!? もし今年がだめでも、来年こそは「萩の鶴 メガネ専用」で乾杯だ! 今から首を長~くして待ちましょう。

        

萩野酒造株式会社

商品のお問い合わせ先:info@hagino-shuzou.co.jp
TEL:0228-44-2214
http://www.hagino-shuzou.co.jp/blog/201708161525.php

ふくちあつし
大学で文学を学んだら、人間に嫌気がさして山村に逃亡。林業をしたりして過ごすうちに人間性を取り戻し、上京。現在はライターなどをしつつ生計を立てています。好きなめがね著名人は内田百閒と岸田繁。