あなたの変化に、そっと寄りそう

あなたの変化に、そっと寄りそう

【わたしはめがねのここが好き!】第6回 ミュージシャン 大久保潤也さんの場合

【わたしはめがねのここが好き!】第6回 ミュージシャン 大久保潤也さんの場合

| 安達友絵
このエントリーをはてなブックマークに追加

めがねが大好き!
でも、なかなかそんなことを話せる場所もなければ、相手もいない…。
ならば、「めがね新聞」で思う存分語っていただきましょー !! という企画、題して「わたしはめがねのここが好き!」。

第7回は、センチメンタルな歌詞に心地よいメロディーを奏でる音楽ユニット・アナの大久保潤也さんにインタビューしてきました。

「新しいアルバムを出すごとに、自分へのご褒美としてめがねを買っています!」と話す大久保さんは、アナとしての活動の他にも、ヒップホップアイドルグループ・lyrical schoolへの楽曲提供やプロデュースを行い、作詞家や作曲家としても多くの作品に参加しています。一方で、コピーライター・クリエイティブディレクターとしても活動されており、音楽以外での活躍も多岐にわたります。

大久保さんが携わるそれぞれのクリエイティブにおいて、めがねが一役買っているのだとか!? それはいったいどんなことなのでしょうか? メンバーも知らなかった大久保さんのめがね愛とともに、じっくり教えていただきました!

めがねの奥にある「ストーリー」が、購入の決め手

今日かけているめがねは、ヴィンテージのような雰囲気があって素敵なデザインですね。

【わたしはめがねのここが好き!】第6回 ミュージシャン 大久保潤也さんの場合

大久保これは2年前くらいに買ったもので、Buddy Opticalという日本のブランドの“feel college collection”というシリーズのめがねです。

“feel college collection”ですか? 不思議なネーミングですね。

大久保1960年代~1970年代の「アメリカの大学に通う学生たちのファッション」というコンセプトでデザインされたものなんです。僕がかけているのはコーネル大学のコンピューター学科の学生をイメージしたもの。他にはハーバード大学やスタンフォード大学などのモデルもあって、それぞれ形や素材も違うんですよ。

なるほど。めがねで当時の“大学の空気を感じる”なんて、面白いコンセプトですね! 他の大学も、どんなデザインなのか気になります。

大久保ここのブランドは毎回興味深いコンセプトで作っているので、そういうめがねの奥にあるストーリーにも惹かれます。最近は、このめがねを一番かけていますね。

ストーリーに惹かれてめがねを選んでいるんですね。デザインや自分に似合うかどうかで選ぶ人が多いので、とても珍しい視点です。それは、大久保さんが音楽活動やコピーライターなどのクリエイティブな仕事に関わっているからでしょうか。

大久保そうなんですかね。昔から、そういうものに惹かれます。職人さんのうんちくや筋の通った話を聞くのが好きなんです。店員さんも「似合ってますよ」とか言ってくれるんですけど、めがねが顔に合うかどうかは、照れもあるからわりと聞き流していて(笑)、ストーリーが気に入れば買っちゃいます。

【わたしはめがねのここが好き!】第6回 ミュージシャン 大久保潤也さんの場合

めがね、ひとつひとつにストーリーがあるんですね!

大久保TART OPTICALのめがねは、僕が唯一持ってるヴィンテージのものなんですけど、映画監督のウディ・アレン(※1)が愛用していることでも有名なんです。ヨロイ(フロントの両端)のところにダイヤが付いているのが結構レアで。
TART OPTICALは1970年代に実は一度廃業していて、その後、創設者の甥が意志を引き継ぐかたちで、2016年にJULIUS TART OPTICALというブランドを立ち上げているんです。
僕が持っているのは、ネットで探した1950年代当時のめがねですけど、新しいそのブランドでも、当時のフォルムをそのまま再現しためがねを買うことができます。

70年前に使われていためがねと同じフォルムのものが手に入るなんて、ロマンがありますね。

大久保ウディ・アレンは、レンズ幅が46mmでブリッジ(左右のレンズの間をつなぐ鼻あてのある部分)幅が24mmというサイズのめがねらしいんですけど、それだと僕の顔には大きすぎるので、それに近い44mmと21mmあたりのサイズを買いました。

すごい!! サイズも覚えてるんですか!? 今までの説明も「めがね屋の店員だったのか?」と思うほど詳しいですね!

大久保ウディ・アレンになりたいぐらい、ウディ・アレンが昔から大好きで(笑)。彼の映画も好きだし、今は83歳ですけど、未だに現役で撮り続けていて、賞を獲るほど評価もされている。そういうクリエイターとしての意欲にも憧れます。

【わたしはめがねのここが好き!】第6回 ミュージシャン 大久保潤也さんの場合

確かにめがねは顔にかけるものなので、時計やアクセサリーなどと比べて「憧れの人により近づくことができる」というアイテムかもしれません。

大久保そういう意味では、このハーフリムのめがねも実はそういう背景があって。これは、僕の憧れの日本のヒップホップミュージシャン、かせきさいだぁ(※2)さんご本人のめがねなんです。

え? ご本人が実際にかけていためがねなんですか!?

大久保そうなんです! もともとライブで共演したり面識はあったんですけど、ご本人がフリーマーケットで売っていたものを僕が買いました(笑)。これは、かせきさいだぁさんが小学生の時にかけていためがねなんです。レンズは自分の視力に合わせて入れ替えて、愛用しています。中学や高校の時から憧れていた人が使っていためがねを、僕がかけているなんて、すごく感慨深いですね。

ウディ・アレンと同じTART OPTICALのめがねと、かせきさいだぁさんのめがねはどんな時にかけるんですか?

大久保TART OPTICALのめがねは、作曲をする時にかけることが多いです。ウディ・アレンはすごく恋愛体質で、自分の恋愛も映画にしてしまうんですけど、そこに共感するというか、僕自身もそうなんです。恋愛して、辛くなって、その感情から曲を作るという。だから、70歳や80歳になっても、彼のように曲を作り続けていたいという思いがあって、憧れている部分があるので、同じめがねをかけるのかもしれません。

同じめがねをかけることで、クリエイティブな場面でも気持ちに影響があるのでしょうか。

大久保実際にどういう影響があるかはわからないけど、「ウディ・アレンもこのめがねで映画を撮っていたんだ」と自分に言い聞かせる感じでかけています。クリエイティブな側面で、一番影響を受けているめがねなので。そういう意味でいうと、僕は最近lyrical schoolというHIPHOPグループのプロデュースや楽曲提供をしているんですけど、彼女たちの曲を作る時はスイッチを入れる感じで、かせきさいだぁさんのめがねをかけたりしてます。

「HIPHOP」というめがねをまとうんですね。

大久保そうですね(笑)。その分野で自分が憧れていた、かせきさいだぁさんのめがねをかけて、スイッチを入れ替える感じです。

【わたしはめがねのここが好き!】6回 ミュージシャン 大久保潤也さんの場合
手前の一番左が「TART OPTICAL」のめがね、その右隣が「かせきさいだぁ」さんのめがね

※1 ウディ・アレン:
アメリカの映画監督・俳優・脚本家・小説家。過去にアカデミー賞・監督賞を1度、脚本賞を3度受賞している。代表作は『アニー・ホール』『カフェ・ソサエティ』など。
※2 かせきさいだぁ:
日本のHIPHOPアーティスト・ラッパー・作詞家。

1
2