あなたの変化に、そっと寄りそう

あなたの変化に、そっと寄りそう

【わたしはめがねのここが好き!】第7回 ミュージシャン つじあやのさんの場合

【わたしはめがねのここが好き!】第7回 ミュージシャン つじあやのさんの場合

| めがね新聞編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

めがねが大好き!
でも、なかなかそんなことを話せる場所もなければ、相手もいない…。
ならば、「めがね新聞」で思う存分語っていただきましょー !! という企画、題して「わたしはめがねのここが好き!」。

第8回は、赤いめがねとウクレレがトレードマークのシンガーソングライター、つじあやのさんにインタビューをしてきました!

スタジオジブリ映画「猫の恩返し」の主題歌「風になる」のヒットや、電化製品から食品など幅広いジャンルのCMソングを手がけ、お茶の間でもおなじみのミュージシャンとなったつじさん。

なぜ「赤いめがね」がトレードマークとなったのか、お好きなめがねやこだわりについて伺いしました。また、福井県鯖江市で行われる「めがねフェス」では、“めがねステージ”に2年連続出演し、生ライブを披露!めがねミュージシャン代表として、ステージに立った感想もお話いただきました!

「つじあやの」のトレードマークができるまで

つじあやのさんといえば、赤いプラスチックフレームのめがねがトレードマークになっていますよね。このめがねはずっと愛用されているんですか?

つじこのめがねは、デビューする際に「つじあやの」の一部となったものなんです。わたしは、中学生の時からずっとめがねをかけていますが、デビューをするまでは、いわゆる「のび太君めがね」をかけていました。

丸いフレーム、ラウンド型のめがねですね! ここ数年、「ジョンレノンがかけているようなめがね」ということでも人気のあるタイプです。

つじ今でこそおしゃれなイメージですけど、当時は銀縁めがねっていうんですかね? 大人しい子がかけているような、スタンダードなタイプのめがねでした。実は、大学入学と同時に一度コンタクトデビューしたんですけど、2、3日で挫折しちゃいました。「こりゃ痛いわ!」となって、そこから毎日ずっとめがねです。もうめがねは完全に顔の一部なんです。

【わたしはめがねのここが好き!】第7回 ミュージシャン つじあやのさんの場合

コンタクトが合わなくてめがねをかけ始めた、という人も多いですよね。でも、なぜ「のび太くんめがね」を?

つじめがねの主流はそれだと思って疑わなかったんです。だから、めがねが必要になった中学生の時からデビューするまで、ずっと同じタイプのめがねでしたね。ミュージシャンとしてデビューすることが決まって、「このめがねを変えよう!」っていう話になりまして。

「つじあやの」は、赤いめがねと一緒にデビューしたんですね。

つじレコード会社の人たちと、めがねを見に行ったんです。その時は、今もかけているような赤い色の縁がしっかりしているめがねが流行っている時期でした。

それまではめがねというとメタルフレームや黒や茶色のスタンダードなデザインが主流でしたが、いろんな色のフレームが沢山出て、一気にめがねのバリエーションが増えた時がありましたね。

つじいろんな色のめがねをかけたんですけど、赤いフレームは見た目がパキッとするんですよね。メイクアップ効果というか。なので写真を撮る時や、沢山の人の前に立つライブの時は特に赤いめがねがいいですね。

【わたしはめがねのここが好き!】第7回 ミュージシャン つじあやのさんの場合

確かに、めがねは顔にかけるものですから、色味のあるフレームをかけることによってお顔全体が明るくなって、パッと雰囲気が変わりますよね。

つじなので、デビューしてからずっと今でもこの赤いめがねをかけています。このめがねで「つじあやの」のイメージが出来上がりましたね。(笑)

衣装や新しいアルバムのリリースに合わせて、ブラウンのフレームなど変えることもあります。2005年にリリースした『CALENDAR CALENDAR』というアルバムでは、1月の歌、2月の歌…という風に12ヶ月の曲が収録されているんですが、それに合わせて、1月のめがね、2月のめがね…と12個選んでそれぞれ撮影しました。

それは選ぶのが楽しそうですね‼︎ つじさんならではのアイデアです。

つじ選び方も、自分でだったり、会社の方と選んだり、協賛してくださった方と選んだり、服に合わせたり、気分に合わせたり、いろいろな方法で選んでいるんですよ。

新たなめがねにも果敢に(!?)チャレンジ

長いめがねとの付き合いの中で、特に愛用しているめがねなどありますか?

つじフランスのめがねブランド「J.F.REY(ジェイ・エフ・レイ)」の「BOZ(ボズ)」のフレームで、左目の上にバラのモチーフが付いているデザインのものがあって、それがすごく気に入ってたんですけど、壊れてしまって…。しかも、同じモデルはもう廃盤になってしまったんです。

通称「薔薇めがね」と言われているBOZの人気モデルですね。眼鏡ライターの伊藤美玲さんが眼鏡ライターになったのは、このめがねとの出会いがきっかけとなったとおしゃってました。
残念ながら壊れてしまったという事は、今はまた別のめがねをかけているんですか?

つじいや、じつはいつも行っているめがね屋さんで、じゃあ今はどんなめがねがあるかなって見てみたら、ボストン型のめがねがいっぱいあったんですよね。

丸みのある逆三角形型のフレームですね。ここ数年で人気が出てきて、今や主流になっいるフレームの一つです。そこで、ボストン型にチャレンジしたんですか?

つじそれが、かけてみたんですけど全然似合わなくて!(笑)以前は今かけているこの赤いめがねのような横長のスクエア型のフレームがズラーっと並んでいたんですけど、今はボストン型ばっかりお店に並んでいて、打ちひしがれました。なので、ボストン型の流行の波に一瞬乗れなかったんですよ。でも一つ、そこまでボストンボストンしてないタイプのものを見つけたんです。お店の人には「あ、お客様このシリーズのめがねをかけた人で2番目によく似合う」と言われて。

2番目!(笑)

つじそのめがねは自分でも「意外にイケてるやん」と思って一応買ったんですけど、まだちょっと…。今回もね、勇気を出してかけて来ようかなと思ったんですけど、なんかね…ちょっと…。

わかります。髪をバッサリ切った後みたいな、ちょっと恥ずかしい感覚に似ていますよね。

つじその後、奇跡的に「薔薇めがね」の在庫がお店に残っている事がわかりまして、結局今も「薔薇めがね」を愛用しています。

では、近いうちに、ボストンタイプの新しいめがねの方もお披露目していただけることを楽しみにしています!

1
2