めがねの見方が変わるサイト

めがねの見方が変わるサイト

乾拭きがレンズのキズの原因に!?汚れためがねの正しいケア

乾拭きがレンズのキズの原因に!?汚れためがねの正しいケア

| めがね新聞編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

汗や指紋、ファンデーションなどで気づいたら汚れているめがねのレンズ。あなたはめがねのレンズが汚れたとき、どのようなケアをしていますか?

「軽い汚れだから…」とそのままめがね拭きや布で磨いている方は要注意。実は、レンズにキズをつけてしまう一番の原因が“めがねの乾拭き”なのです。

めがねの乾拭きはキズのもと

洋服などで拭くのはもちろんダメですが、めがね拭きを使っていればOKというわけではありません。

レンズには空気中の埃や塵、砂などが付着しています。そういった状態のまま乾拭きしてしまうと、それらがレンズに擦り付けられ、細かなキズになってしまうのです。

めがねを拭くときは水で洗ってから

レンズのキズを防ぐためには、めがねを拭く前に付着した埃や塵、砂を取り除くことが大切。

軽く水で洗ってからティッシュペーパーでおさえるようにして水気を取り、その後めがね拭きで拭くようにしましょう。水滴が残っていると乾いたときに跡になってしまうので、水気を取る際はすみやかに行ってくださいね。

汚れがひどいときは

水洗いだけでは落ちない汚れがついている場合は、めがねレンズ専用のクリーナーか中性洗剤で優しく洗いましょう。

ハンドソープ、石鹸などのアルカリ性や酸性の洗剤を使用してしまうと、キズ・光の反射を防ぐために施されているコーティングが剥がれてしまう原因になります。

またプラスティックのレンズなど、めがねによっては熱に弱いものもあります。誤ってお湯で洗ってしまうことのないよう、こちらもご注意ください。

めがね新聞編集部
着用はしつつもめがねへの興味が薄かった人、めがねを常用している人、めがねが大好きな人…めがねに触れている全ての人が楽しめるメディアを目指します。