めがねの見方が変わるサイト

めがねの見方が変わるサイト

第29回 日本 メガネ ベストドレッサー賞 芸能界部門(女性)受賞 広末涼子さん

第29回 日本 メガネ ベストドレッサー賞 芸能界部門(女性)受賞 広末涼子さん

| めがね新聞編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

めがね業界の風物詩、“日本 メガネ ベストドレッサー賞”。1988年から毎年「今めがねがもっとも似合う各界の著名人」を表彰する、国際メガネ展 IOFTの併設イベントです。

今回は第29回目“日本 メガネ ベストドレッサー賞”の受賞者のなかから、芸能界部門(女性)を受賞した女優の広末涼子さんのコメントをお届けします。

国際メガネ展 IOFT2016のレポートはこちら
第29回 日本 メガネ ベストドレッサー賞 表彰式のレポートはこちら

受賞スピーチ

第29回 日本 メガネ ベストドレッサー賞 芸能界部門(女性)受賞 広末涼子さん

みなさまこんにちは。広末涼子です。本日はこのような華々しい素敵な賞をいただいて本当にありがとうございます。

私はお仕事であまりめがねをかけることがないので、今朝、家族に報告したらみんなが驚いて「どうしてめがねの賞をもらったの?」って言われました。それで今日お話ししようと思ったのは、私はめがねが大好きです。

私は小さい頃から願えば叶う子どもでした。その流れから「女優になりたい」という幼少期からの夢も叶ったくらいです。女優になる前に叶った夢のひとつは、母がかけていた大きなアラレちゃんみたいなべっ甲のめがねが大好きで、自分がかけたかったこと。

第29回 日本 メガネ ベストドレッサー賞 芸能界部門(女性)受賞 広末涼子さん

小学校にあがったころに「目が悪くなりたい目が悪くなりたい」と思っていたら、めでたく目が悪くなりました。それで大きなめがねをかけて小学校、中学校と通っておりました。いまとなってはちょっと目が悪くなったことを後悔しているんですけれども(笑)。

いまは目が悪い人はもちろん、視力が良い人でもおしゃれとしてめがねをかけることが多いです。それ(おしゃれ)用のめがねが出ていて、伊達めがねも軽かったり、薄かったり、ぐねぐね曲がったり…。今日会場をみて、めがね業界の進化に驚かされました。そしてワクワクさせられました。

いち“めがねが大好きな女性”として、一人でも多くの方にめがねをかけて楽しんでいただけたらなと思います。私も女優としての役であったり、私生活でもめがねを楽しんでつけさせてもらいたいなと思います。本日は本当に素敵な賞を有難うございました。

第29回 日本 メガネ ベストドレッサー賞 芸能界部門(女性)受賞 広末涼子さん

広末さんは囲み取材がなかったため詳しいエピソードなどは聞けませんでしたが、スピーチだけでもめがねへの愛が伝わってきますね。

フジテレビ系で放映されているドラマ「ナオミとカナコ」でも見られたとおり、めがねをかけることで印象がガラッと変わる広末さん。さらなるめがね姿に期待が高まります!

広末涼子(女優)

1980年、高知県生まれ。1994年、CMコンテストでグランプリを受賞し同CMでデビュー。1995年『ハートにS』でドラマ初出演。1997年『20世紀ノスタルジア』で映画初主演。同作での演技により、映画賞の新人賞を総なめにした。1999年、映画『秘密』に主演し、シッチェス・カタルーニャ国際映画賞最優秀主演女優賞を受賞。2008年には出演した映画『おくりびと』が、第32回モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞。また、自身もヨコハマ映画祭最優秀助演女優賞などを受賞した。現在も映画・ドラマ等で活躍中。※2016年12月13日時点

めがね新聞編集部
着用はしつつもめがねへの興味が薄かった人、めがねを常用している人、めがねが大好きな人…めがねに触れている全ての人が楽しめるメディアを目指します。