あなたの変化に、そっと寄りそう

あなたの変化に、そっと寄りそう

【めがねスポット巡り・前編】そうだ、目の神様を巡りに京都行こう!

【めがねスポット巡り・前編】そうだ、目の神様を巡りに京都行こう!

| 八巻綾(umisodachi)
このエントリーをはてなブックマークに追加

以前掲載した、人がくぐれる「大めがね」が話題の「壷阪寺」(通称:めがね寺)の記事を覚えていますか? (まだ読んでない!という方は、こちらからどうぞ!)

あの経験をきっかけに、私は全国各地の「目」にまつわるご利益がある神社仏閣を調べてみました。すると、あの京都にもいくつか存在するんだそう! 京都には何度も行ったことがあるのに、全然知らなかった…。
これは実際に行って自分の目で確かめるしかありません!!(目の神様だけに)

ということで、早速車に乗って、京都・目の神様を巡るご利益ツアーに行ってきました! まずは前編をどうぞ〜。

ちょっと大変だけど訪れる価値あり! 京都伏見稲荷の眼力社(がんりきしゃ)

【めがねスポット巡り・前編】そうだ、目の神様を巡りに京都行こう!

「まず訪れたのは、外国人観光客にも大人気の「伏見稲荷大社」。朱塗りの鳥居が無数に並んだ千本鳥居が有名ですよね。鳥居の数は、境内全体でなんと1万本に上るのだそう!

全国各地に祀られている稲荷神社の総本宮である伏見稲荷大社の歴史は、平安遷都以前の711年(和銅4年)にまでさかのぼります。
稲荷山を創始とし、五穀豊穣の神、宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)の主祭神にそえて、佐田彦大神、大宮能売大神、田中大神の四大神が祀(まつ)られています。

世界最大級の旅行口コミサイトによる「外国人に人気の日本の観光スポット」ランキングで、5年連続1位に輝いている伏見稲荷大社は、この日も沢山の人で賑わっていました。
多くの参拝客は、千本鳥居が途切れた少し先にある三ツ辻という場所の手前で折り返すのですが、伏見稲荷大社のスケールはもっとずっと大きいのご存知ですか?
稲荷山全体が信仰の対象になっているので、標高約233メートル、一周約4キロという道のりを制覇する「お山めぐり」にはなんと約2時間もかかるんだそうです!

【めがねスポット巡り・前編】そうだ、目の神様を巡りに京都行こう!
こちらが有名な「千本鳥居」。テレビや写真などで見たことがある人も多いのでは。

今回目指すのは、眼力社(がんりきしゃ)という目の神様。稲荷山に点在している7つの神蹟(しんせき)(※)のうちのひとつです。
三ツ辻を通り過ぎ、四ツ辻を抜けた少し先にあるはず! ということで、これは頑張るしかありません。
まずは多くの外国人観光客や修学旅行生たちに交じって、千本鳥居を抜けます。

あれ? USJアトラクションの並び列かな? と思うほどの人・人・人で、ノロノロと歩みを進めます。 朱色の鳥居がどこまでも続いている様子はいつ見ても圧巻! ときおりシャッターを押してと頼まれたりしつつ、ゆっくりと上っていきます。

各ブロックをくぐり抜けるたびに引き返す人がいるので、徐々に人混みは緩和されていくものの、今度は段々と山の傾斜がキツくなっていきます。 この日の気候は初夏のような晴天。水分補給をしながら、一歩一歩進んで行きました。

そうこうするうちに、三ツ辻に到着! 麓を出発してから久しぶりに案内板が登場しました。麓では表示がなかった「眼力社」の記載も確認できます。 図によると、少し先の四ツ辻まで行けばあと少しのはず……でした。

【めがねスポット巡り・前編】そうだ、目の神様を巡りに京都行こう!
お久しぶり!の案内板

てくてくてくてく。あれ? おかしくない? 全然着つかなくない? 道、間違えたかな…!?
しばらく歩いても四ツ辻に辿りつかないので、だんだん不安になってきました。かといって、あれから案内板はないし、境内なのでスマホの地図もまるで役に立ちません。まさか…迷った!? と青ざめたところで、ようやく四ツ辻に到着しました。
どうやら案内板の縮尺がの歪みがトラップだったようです。あぶない、あぶない。

ここまで来たら、あともう少し! 案内が指し示す方向に進んでいくと、うっそうとした緑の中に眼力社が現れました。

【めがねスポット巡り・前編】そうだ、目の神様を巡りに京都行こう!
ここが「眼力社」。やっとたどり着きました!

躍動感のある狐の像や、たくさん置かれたロウソクが印象的で、伏見稲荷大社の中でもかなり生命力を感じる場所でした。
「眼の病が良くなる」「先見の明・眼力が授かる」というご利益があるとされる眼力社には、目の平癒を願う人だけではなく、経営者や相場関係者も多く訪れるのだそう。
この日も、何人もの方がお参りしていました。

【めがねスポット巡り・前編】そうだ、目の神様を巡りに京都行こう!
かわいらしい「お供え用ミニ鳥居」。名前を書いて、この場所に1年間お供えしてもらえます。(小:2500円~)

午前中の早い時間だったのに、火のついたロウソクが何本も奉納されていたのが、眼力社が多くの信仰を集めている証拠でしょう。
向かい側にある眼力亭では、ろうそくの他にもお守りなどのオリジナルグッズがたくさん販売されているのでぜひチェックしてみてくださいね。

【めがねスポット巡り・前編】そうだ、目の神様を巡りに京都行こう!
1
2