あなたの変化に、そっと寄りそう

あなたの変化に、そっと寄りそう

【WOF2019レポ】第1回:めがねの最新トレンドはWOFに〜まずはダイジェストをどうぞ編〜

【WOF2019レポ】第1回:めがねの最新トレンドはWOFに〜まずはダイジェストをどうぞ編〜

| めがね新聞編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

暖かくなってきて桜が散り始めると、めがね新聞編集部は「そろそろあの季節が来るぞ…」とザワザワ…。
そう、それは、もうすぐ春の展示会の季節がやって来るというサインなのです!

めがね新聞編集部はもちろん、今年も「ワールドオプチカルフェア(WOF)」行ってきました。
2017年、2018年のレポートもチェックしてね!)

WOFとは、東京眼鏡卸協同組合が主催する業界関係者向けめがねの展示会の事。
ここでは新作めがねの発表だけでなく、目の検査器やレンズを加工する機械のほか、めがねまわりのグッズなど、めがねにまつわるもの全ての最新トレンドを知ることができるのです!

また、めがねの小売店の方向けに、大手レンズメーカーによる、日々進化し続ける最新レンズについてのセミナーが開講されていたりと盛り沢山。(めがね屋さんは日々こういったところで勉強されているんですね。)

相変わらず「最新トレンド」という言葉に弱い編集Sは、めがね業界の最新情報をゲットすべく会場を隅から隅まで行脚し、今回も気になるブースをたくさん発見してきました!
それぞれのブースのレポートは現在鋭意執筆中ですので、まずはダイジェスト版を読んでワクワク度を高めていただければと思います!

2019年ワールドオプチカルフェア(WOF)

開催場所:ベルサール高田馬場
(東京都新宿区大久保3-8-2住友不動産新宿ガーデンタワー)
開催日時:2019/4/9〜2019/4/10

新作めがねで今シーズンのトレンドや新技術を知る

会場をぐるっとまわって新作や新色などをひととおりチェックすると、今季のトレンドが見えてきました。

【WOF2019レポ】第1回:めがねの最新トレンドはWOFに〜まずはダイジェストをどうぞ編〜
「女性のための上質なめがねフレーム」がコンセプトの『ミクサージュ』の新色がズラリ! 春らしいカラーに女性用には珍しいメタリックな質感をプラスした新色は、見ているだけでワクワクしますね。
テンプルの色使いとデザインにも注目。
【WOF2019レポ】第1回:めがねの最新トレンドはWOFに〜まずはダイジェストをどうぞ編〜
伊藤美玲さんがコラムでも綴られていた、クリアカラーのフレームが充実していました。
このパール感が外の光を取り込んで目元が明るくなるので、メイクアップ効果があるのだそうです。

また、デザインはもちろんのこと、更にかけ心地を追求した新作めがねなどもいっぱい! ちょっとびっくりするぐらい機能的なめがねも発見しましたよ!
それについては、後日アップするレポートをお待ちください!!

【WOF2019レポ】第1回:めがねの最新トレンドはWOFに〜まずはダイジェストをどうぞ編〜
何やら変わった形状をしためがねを発見! いやーかけてみてビックリでした。このモダンの先に付いている◯◯◯が、ある重要な役割を果たしているのです。
詳しくは後日アップするレポートをお楽しみに。

もっとめがねが好きになる! めがねライフを支えてくれているグッズのありがたみ

多くの人にとって、めがねとは寝ている時とお風呂を入っている時以外はほぼ一心同体。
ということは、めがねを支えてくれている鼻パッドなどはかけ心地を左右するとても大事な存在。

こういった縁の下の力持ち的なグッズたちもどんどん進化を遂げているからこそ、私たちは大切なめがねとますます快適に過ごせるんですね。

【WOF2019レポ】第1回:めがねの最新トレンドはWOFに〜まずはダイジェストをどうぞ編〜
ネーミングに注目! 鼻パッド問題解決の一助に!
【WOF2019レポ】第1回:めがねの最新トレンドはWOFに〜まずはダイジェストをどうぞ編〜
めがね拭きです。6種類もあります。かわいい…。これだと、子どもも喜んでめがねを綺麗にしそう!

めがねにまつわる最新機器もズラリ

私たちが普段お世話になっているめがね屋さんにとって、無くてはならない目の検査器やレンズを加工する機械などが勢ぞろい!

普段私たちも間接的にこれらの機械にお世話になっているとはいえ、実際に目にすることってなかなか無いですよね。そんな近いようで遠い存在の機械は、めがね屋さんでどんな役目を果たしているのか? どんなふうに動くのか? など根掘り葉掘り聞いてきちゃいました。

【WOF2019レポ】第1回:めがねの最新トレンドはWOFに〜まずはダイジェストをどうぞ編〜
最新機器を間近で見ることができるのも、展示会の醍醐味。一体これは何をする機械でしょう? 詳しくはレポートで!

私たちが生活を共にしているめがねを、もっとかけ心地よく!そしてもっと快適に!と追求していくと、深い世界が見えてきて、最新技術によってめがねライフがどんどん便利なってきているなと感じました。
これから編集Sが、ブースごとに更に深掘りしてしていきますよ! お楽しみに!!


【写真】服部 健太郎