めがねの見方が変わるサイト

めがねの見方が変わるサイト

【相談室】子供の近視はいつまですすむの?

【相談室】子供の近視はいつまですすむの?

| めがね新聞編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

「こういうときは、めがねをどうしたらいいの?」っていう、ちょっとした「めがねの気になること」って、生活するうえで色々あると思います。けれど、めがねについてのお悩みって、なかなか聞くタイミングがないですよね。めがね屋さんへ相談するためだけには、ちょっと行きにくいし…。そんな皆さまのお悩みを、めがね新聞ではお答えしちゃいます!「相談室」は読者の皆さまから頂いたお悩みを、めがね屋さんに詳しく教えてもらうコーナーです。

今回は 大阪府 山田さんから届いたお悩みを、フェイスオン 瑞江店の小泉さんに相談してきました!

相談者 山田さんからのお悩み

近視は何歳ぐらいまですすむものなのでしょうか。また、どのくらいの頻度で検視をして、子供のめがねはつくりなおした方がよいものなのでしょうか。

フェイスオン 瑞江店の小泉さんからの返答

身体の大きさにともなって眼球の大きさが変化するため、身長が伸びている間は近視が進む可能性が高いです。ただ、生活習慣によっても視力は変化するので、成人を迎えた方でも眼精疲労による視力低下はございます。

メガネフレームの買い替えどきは、短くて1年に1回、長くて2年に1回ほどになります。
ただ、見えづらさがない場合でも、半年に1回ぐらいは視力チェックされることをお勧めします。子供が目を細めていたり、横目で見ていたりする際は、見えづらくなってきている可能性があるので、すぐ視力チェックを行ってください。当店ではお渡しして1年以内であれば、度数の変更によるレンズ交換は何回でも無料で行っております。そのようなめがねへのアフターサービスについても確認しておくといいと思います。

お答え頂いためがね屋さんご紹介

小泉 智大

生年月日:1988年12月26日
出身地:東京都江戸川区
所属先:こどもの眼鏡屋 フェイスオン 瑞江店
入社年:10年
自分の好きなめがねのタイプ:アンダーリムのナイロールフレーム&ボストン

子供の場合、身体の成長にともなって視力も変化することが多いのですね。できれば、半年に1度は視力チェックをして、子供の目に合わせためがねを用意してあげるといいということですよ! 子供のめがねには、アフターサービスが充実しているお店も多いので、必ずご確認ください!!

皆さまのお悩み大募集!!

めがね屋さんに、めがねのことについていろいろ聞いてみませんか?
めがね新聞では、めがねに関する皆さまのお悩みを募集しております!!
下の入力フォームから書き込みお願いいたします。

プライバシーポリシーをご確認の上、項目すべてに入力後、送信ボタンを押してください。

めがね新聞編集部
着用はしつつもめがねへの興味が薄かった人、めがねを常用している人、めがねが大好きな人…めがねに触れている全ての人が楽しめるメディアを目指します。