あなたの変化に、そっと寄りそう

あなたの変化に、そっと寄りそう

わたしの隣にある「もうひとつの世界」!? 野原邦彦展「ステキな時間」

わたしの隣にある「もうひとつの世界」!? 野原邦彦展「ステキな時間」

| めがね新聞編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

めがねを初めてかけたときのことを覚えていますか?
今までぼやけていた視界が一気にクリアーになり、世界が一変して見えた瞬間のときのことを。

それは、「めがね」だけでなく「水中めがね」についても言えることでしょう。
水中めがねをつけて、水の中の世界を自分の目でとらえたときの、あのワクワク感。自分の生きている世界に、こんな姿があったのかと発見した感動。

その瞬間をきりとった作品を創作している野原邦彦さんという彫刻家を、今回はご紹介します。

水中めがねで発見する新しい世界

給食センター
『給食センター』2018

ポップな色使いと水中めがねが目を引く、野原さんの作品の世界。

春風
『春風』2015

野原さんの主な立体作品は、木から彫り出されてつくりあげられています。
具象表現の形をした木彫に抽象的な色彩を取り入れる事によって、見る人に過去に経験した様々な物事や事象を想起させます。

今注目の若手彫刻家・野原邦彦さんがクスノキやケヤキなどを用いて創作する作品は、私たちのいわゆる「彫刻」というイメージを覆すモチーフや色使いが特徴です。
大学の卒業制作からアーティスト活動を始め、現在では日本以外でも香港、台北、シンガポールなどアジア各地に活躍の場を広げています。

野原さんの作品は水中を見渡せる「水中めがね」のように、日常に隠れて気付かずに過ぎ去っている「ステキな時間」をみつけるという視点から創作されています。

Shopping
『Shopping』2017

野原さんの作品の展覧会「ステキな時間」が、日本橋のgallery UGにて開催されます。

今回ご紹介するgallery UGで行われる展覧会は、「ステキな時間」の第三部として発表されます。

第一部の個展は上野の森美術館で行われ、第二部は”ART FAIR TOKYO2018”にて第一部で公開制作にて完成した作品を発表。
そして、今回は集大成となる第三部として開催されます。新作の発表もあるとのこと!

季節は春。「ステキな時間」でステキなアートに触れて、自分の中に新しい風を吹かせてみませんか?

『野原邦彦展「ステキな時間」』

日時:2018/4/7(土)~4/17(火)
11時~18時(最終日16時まで)
場所:gallery UG
〒101-0031
東京都千代田区東神田1-14-11 1階
TEL:03-5823-7655
HP: http://gallery-ug.com/

めがね新聞編集部
着用はしつつもめがねへの興味が薄かった人、めがねを常用している人、めがねが大好きな人…めがねに触れている全ての人が楽しめるメディアを目指します。