めがね(メガネ・眼鏡)の見方が変わるサイト

めがね(メガネ・眼鏡)の見方が変わるサイト

瞬間サングラスgreen glass(グリーングラス)でめがねをサングラスに

瞬間サングラスgreen glass(グリーングラス)でめがねをサングラスに

| めがね新聞編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

gleen glass(グリーングラス)とは株式会社ハグ・オザワによるサングラスブランド。

通常のサングラスであるGR001~GR006のシリーズに加え、2016年に折りたたみクリップオンサングラス、GR-007B・GR-008B・GR009~011のラインナップを発売。

しかしただのクリップオンではないんです。折りたため、跳ね上げにもなり、偏光レンズが標準装備と機能がてんこもり。さっそくめがね新聞編集部で試してみました。

gleen glass GR-007B、GR-008B、GR009~011の特徴

めがねがサングラスに早変わり!折りたたみクリップオンサングラスgreen glass(グリーングラス)

いま持っているめがねのフレームにワンタッチで装着できる “瞬間サングラス”。折りたたみ式によるコンパクトな設計で、携帯しやすくなっています。

レンズの紫外線透過率は全て1%以下と99%のUVカット機能が施されているほか、偏光機能付きカラーレンズを採用。紫外線や反射光から眼を守ってくれます。さらにGR-007B・GR-008Bには「SUNガード」が搭載されています。

また跳ね上げ機構によってレンズをお好みの角度にホールドすることも可能です。

実際にめがねに装着してみた

めがねがサングラスに早変わり!折りたたみクリップオンサングラスgreen glass(グリーングラス)
パッケージ

コンパクトでスタイリッシュなパッケージ。

めがねがサングラスに早変わり!折りたたみクリップオンサングラスgreen glass(グリーングラス)
パッケージ底面

今回購入したのはGR-007B・BLACK MATTのカラーです。

めがねがサングラスに早変わり!折りたたみクリップオンサングラスgreen glass(グリーングラス)
ケース

サングラスを入れる専用ケースは小ぶりで、持ち運びもラクチンです。

めがねがサングラスに早変わり!折りたたみクリップオンサングラスgreen glass(グリーングラス)
ケースに入った本体

ケースには折りたたんで入れます(購入時、商品はビニール袋に入っています)。

めがねがサングラスに早変わり!折りたたみクリップオンサングラスgreen glass(グリーングラス)
本体

フロントのデザインは5種類あり、持っているめがねの形によって選ぶことができます。カラーはそれぞれ3種類です。

めがねがサングラスに早変わり!折りたたみクリップオンサングラスgreen glass(グリーングラス)
SUNガード

GR-007B・GR-008Bモデルの上部には日差しを防ぐ「SUNガード」があり、上からの光の侵入を抑えてくれます。

めがねがサングラスに早変わり!折りたたみクリップオンサングラスgreen glass(グリーングラス)
装着前のめがね
めがねがサングラスに早変わり!折りたたみクリップオンサングラスgreen glass(グリーングラス)
めがねに装着!

多くのクリップオンサングラスはレンズ周囲にフレームがありませんが、green glass(グリーングラス)の場合はフレームが付いており、通常のサングラスに近い見え方になっています。

めがねがサングラスに早変わり!折りたたみクリップオンサングラスgreen glass(グリーングラス)
跳ね上げるとこんな感じ

跳ね上げは4段階で調節可能。レンズを角度で止められます。

めがねがサングラスに早変わり!折りたたみクリップオンサングラスgreen glass(グリーングラス)
gleen grass(グリーングラス)GR-007B・GR-008B・GR009~011全バリエーション

色や形、可視光線透過率からお好みのものをチョイスできます。

green glass(グリーングラス)のクリップオンサングラスは価格もお手ごろ。度入りのサングラスを購入せずとも、レジャースポットなどでの「こんなときサングラスがあったら…」という望みを叶えてくれます。

いまあるめがねをそのまま活かしてサングラスに出来るすぐれもののクリップオンサングラス。ぜひこの機会にその利便性を味わってみてください!

商品情報

発売元:株式会社ハグ・オザワ
参考小売価格:4.000円(税別)
重量:8g(ケース別)

めがね新聞編集部
着用はしつつもめがねへの興味が薄かった人、めがねを常用している人、めがねが大好きな人…めがねに触れている全ての人が楽しめるメディアを目指します。