めがね(メガネ・眼鏡)の見方が変わるサイト

めがね(メガネ・眼鏡)の見方が変わるサイト

レスザンヒューマンチーフデザイナー甲賀潤さんインタビュー(後編)

レスザンヒューマンチーフデザイナー甲賀潤さんインタビュー(後編)

| めがね新聞編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

レスザンヒューマン(less than human)のチーフデザイナー、甲賀潤さんへのインタビュー、前回は甲賀さんがデザイナーとしての経歴をスタートするところまでをお聞きしました。今回はデザインやレスザンヒューマンについて、そしてめがねデザイナーを目指す上での心得(?)をうかがいます。

デザインの仕事について

レスザンヒューマンチーフデザイナー甲賀潤さんインタビュー

デザインをする上でこだわっていることはありますか?

甲賀潤美しいこと!どんなに変な形でも美しいこと。バランスが取れない物があったとしても、バランスが取れない中で美しい。

客観的に見て美しいと思えること?

甲賀潤俺の中で美しい。

センスだ。

甲賀潤醜いものほど美しいものに憧れるってやつですよ。

じゃ、基準は自分って感じですか?

甲賀潤もちろん。製品化まで行く場合は営業の意見なり、打ち合わせなり、セレクトなりが入るのでこれとこれがイコールかというとイコールの場合もあるし、そうでない場合もあるんですけど。

めがねのデザインならではの特殊性みたいなものはあります?

甲賀潤みんなに分かりやすくすること。直接会って交渉すれば言葉で補える部分もあるんだけど、会わないケースがほとんどなので、できるだけ疑問はないように。

立体物のデザインだから、パッと見せられてイメージするの難しいですよね。

甲賀潤本人ですら怪しいことあるから。ややこしいこと考えると、それを三面図ですら全部辻褄が合わせる時に、想像力が足りないなって思うことがあるんですよ。正面は描けたけど、横から見てどうなのかなみたいな。それで、何日か経っていくっていう。

頭のなかに出来上がりみたいなイメージはものはあるんですか?

甲賀潤あるんだけど、しっかり出来てないとモニターの中に現れたものに負けちゃうんですよ。柔らかいもの(想像)なので、堅いもの(事実)に負けちゃうんです。

思いついてすぐ書き出したりしますか?それともちょっと置いてから?

甲賀潤ケースバイケース。すぐ描いていいようなものはそうするし、直ぐに描くと怪しいのは360度どっから見てもバッチリというぐらいまで頭のなかで作れてないケース。できるまで熟成させる場合とほどほどのところで取り出して描き始めて、描いたものから進めるケースもありますね。

そのケースの分け方は納期ですか?

甲賀潤納期も関連しますね。理想的には頭のなかで固めてから。そうじゃないと行き当たりばったりになるので、最初に目指したものにたどり着かなかったりするんだよね。目指したものって具体的な形じゃなくて、「こういうスタイル」で「こういうユーザー」が「こういうお店屋さん」で買ってくれて、「こういうとき」使って欲しいみたいな感じだから。

アイデアはどこからでてくるんですか?

甲賀潤今のところは、出てきているんですよ。はっきりとした出し方や思いつき方はいまだにないので、いつか止まるんじゃないかなと思っています。だいたいきっかけは、一瞬の閃きみたいなもんなんです。

常に考えているから出てくるんですかね。

甲賀潤考えているのもあるし、長くやって小売店も経験してるから、その分知っていることが多めなせいもあるかな。なんにもないところから出てくるわけないので。必ず、自分の中にインプットしたものを組み立てなおしたりとか、変化させて出てくるわけじゃないですか。そういう意味では年を取っていくのは有利ではありますね。

レスザンヒューマンについて

レスザンヒューマンチーフデザイナー甲賀潤さんインタビュー

“レスザンヒューマン”の歴史としてはどのように進化しましたか?

甲賀潤進化ねぇ……してないんじゃない?(笑)変化はしているかもしれないけど、進化というほどの進化はしてないんじゃないかな。最近思ったんですけど、送り側と受け手側、バイヤー、ユーザーが“レスザンヒューマン”らしさを形に求めているというか、形で考えている感じがして。狭い世界でやっている気がしてならないので、「そうでない」ことを知らしていきたいなと。

今、進化させたいってときなんですかね?

甲賀潤2016年の秋から少し変えている感じなんですけど、まだまだ変えます。2017年の春はあんまり変わらないんだけどね。

まさに今、進化中ですか?

甲賀潤進化かどうかかはわからないけどね。それは、俺が決めることじゃないと思います。受け止める方が決めること。変化はさせているつもりです。

めがねは作るのにそれなりに時間がかかるものなので、今、俺にとって新しくて楽しいことは、皆さんには1年近く後じゃないとお見せできないというのが残念で。

今、出ているものは甲賀さんにとっては1年前のものって感じですか?

甲賀潤毎回そうなんですよね。それを手に取ってくれた方が、喜んでくれるのは嬉しいんですけど、今はもっと良いのがあるんだよなあって思ったりもするんですよ。

1
2
めがね新聞編集部
着用はしつつもめがねへの興味が薄かった人、めがねを常用している人、めがねが大好きな人…めがねに触れている全ての人が楽しめるメディアを目指します。