あなたの変化に、そっと寄りそう

あなたの変化に、そっと寄りそう

【FACTORY900 デザイナー】青山嘉道さん×田村洋介さん Wインタビュー「“美しさ”を追い求めるデザイナーたちのリレー」【前編】

【FACTORY900 デザイナー】青山嘉道さん×田村洋介さん Wインタビュー「“美しさ”を追い求めるデザイナーたちのリレー」【前編】

| 日本橋たまご
このエントリーをはてなブックマークに追加

”めがね界のアカデミー賞“と呼ばれるSILMO D’OR(シルモドール)を、二度に渡って受賞したブランドがあります。青山眼鏡株式会社(福井県福井市)の展開するブランド「FACTORY900」です。一度見たら忘れられない個性的なデザインのめがねは、多くのめがねファンを夢中にさせてきました。夢中にさせてきた、というよりも「人生を変えてきた」と言ってもいいかもしれません。

今回お話を聞いためがねデザイナーの田村洋介さんは、そんな「人生を変えられた」人のひとりです。田村さんは、FACTORY900に出会ってからその魅力にとりつかれ、それまでの職を捨てることになります。めがねデザイナーを目指し、FACTORY900の門を叩いてから7年、かつて自身を魅了しためがねに勝るとも劣らない、個性的なデザインのめがねを次々に発表するめがねデザイナーへと成長を遂げていくのです。

そしてインタビューにはなんと、田村さんの師匠であり、SILMO D’ORを受賞した、FACTORY900デザイナーの青山嘉道さんにも同席していただきました! 恐らくめがね業界初(?)の師弟インタビューを前編・後編に渡ってお届けします。

初めてめがねをかけた瞬間から、ずっとめがねに夢中です。

今日は、FACTORY900デザイナーの青山さんと田村さん、師弟であるお二人からお話を伺い、FACTORY900の魅力に迫っていきたいと思います。田村さんは、めがねデザイナーになる前はめがね屋さんで働かれていたとお伺いしました。

田村そうです。大学ではデザインや美術を学んでいたので、将来もグラフィックデザイナーになりたかったのですが、親からは「安定した大きな会社に勤めてほしい」とずっと言われていて。ひとまずは親を安心させたくて、デザイナーの道は諦めました。それで、どうせ就職するなら昔から好きだっためがねに囲まれて働けたらいいな、と思って全国展開しているチェーンのめがね屋さんに就職したんです。

めがねが元々好きだったんですね。そもそも、めがねを好きになったきっかけって覚えていますか?

田村中学生のときに初めてめがねをかけたのですが、かけた瞬間に「これだな」と思ったというか、一瞬で好きになりました。めがねってかける前は少しマイナスのイメージがあるじゃないですか。恥ずかしいというか。僕もそうだったんですけど、かけた途端にそれが吹き飛びました。最初にかけていためがねがメタルフレームだったので、次に購入するならプラスチックフレームにしよう、とかすぐに考えていたくらいです。

【FACTORY900 デザイナー】青山嘉道さん×田村洋介さん Wインタビュー 「“美しさ”を追い求めるデザイナーたちのリレー」【前編】
FACTORY900デザイナー 田村洋介さん

ではご自身でもたくさんめがねを買っていらしたんですね。

田村大学生になって自由にできるお金が増えてからは、その大半をめがねにつぎ込んでいました。FACTORY900のめがねに出会ったのは大学4年生のときだったかな。そもそもはTVで芸人の宮川大輔さんがかけているめがねに憧れて、どこのブランドか調べてみたらFACTORY900の「FA-160」というモデルだと分かったんです。ただ当時住んでいた名古屋では扱っているお店がなかったので、岐阜で開催されているFACTORY900のトランクショー(※1)まで足を伸ばしてようやく手に入れました。ちなみに青山に初めて会ったのもこのときです。と言っても、挨拶をしたくらいですけどね。

つまんないことはどうでもいい。大切なのは「熱」だけです。

青山さんは、当時のことを覚えていますか?

青山覚えていないですね。その岐阜のお店では毎年トランクショーをやっていたんだけど、次の年も来てたのかな。そのときは「めがね屋で働いてる」って話していた気がするなぁ。当時、結構そういう若者が何人かいて記憶が定かではないんだけども…。田村は、それから毎年トランクショーに来るようになって、ウチに入りたいって言ってきたのもトランクショーだったよね。

田村そうですね。当時の僕はめがね屋さんで働き出してから3年目で、自分が普段商品として扱っているめがねと、FACTORY900がつくっているようなめがねとのギャップに悩んでいました。あと、やっぱり売る側ではなく、つくる側としてクリエイティブなことに携わりたいという想いもありましたね。それで、やるならこれまでの経験をいかして「めがね」しかないだろう、と。

FACTORY900以外のブランドは選択肢になかったのですか?

田村ありません。ここを断られたら、めがねデザイナーの道は諦めようと思っていました。そういう想いを抱えて、大学の卒業制作で描いた絵の写真を、トランクショーに持って行ったんです。「実は大学でこういう勉強をしていました。何でもいいんで仕事させてもらえませんか?」って、それを見せながらお願いしました。

青山それなら「ポートフォリオ持って来いよ」って話なんだけどね。なんでこんな小っちゃい写真なんだよって(笑)。まあ口には出さなかったけれども。

【FACTORY900 デザイナー】青山嘉道さん×田村洋介さん Wインタビュー 「“美しさ”を追い求めるデザイナーたちのリレー」【前編】
FACTORY900デザイナー 青山嘉道さん

小さい写真を見ながら、心の中で突っ込んでいたんですね。でも田村さんの熱意を感じるエピソードですよね?

青山そうですね。今ポートフォリオがどうとか言っちゃったけど、本当はそんなつまんないことはどうでも良くて。それよりも大切なのは「熱」です。本気でつくりたいものがあるのかどうか。でも、それだって実際にやってみないと分からないでしょう? だからとりあえず「一度、工場を見に来れば」と言ったんです。それで、1週間後にはもう見学に来ていたよね。

1
2
日本橋たまご
書店で働きながら文章を書いています。 「たまごを割らずにオムレツは作れない」をモットーに、色々なジャンルの記事に挑戦していきたいです。 好きなめがねはもちろんオーバル型。