あなたの変化に、そっと寄りそう

あなたの変化に、そっと寄りそう

【FACTORY900 デザイナー】青山嘉道さん×田村洋介さん Wインタビュー「“美しさ”を追い求めるデザイナーたちのリレー」【後編】

【FACTORY900 デザイナー】青山嘉道さん×田村洋介さん Wインタビュー「“美しさ”を追い求めるデザイナーたちのリレー」【後編】

| 日本橋たまご
このエントリーをはてなブックマークに追加

FACTORY900の デザイナー青山嘉道さんと田村洋介さんへの、Wインタビュー。前編ではFACTORY900の一ユーザーだった田村さんが、めがねデザイナーの道に飛び込み、最初の関門「デザインストローク」を無事に突破するまでのお話を伺いました。続けて話題は田村さんが初めて手がけためがねへと移っていきます。

はじめて手がけためがねは100点満点中「15点」だった

職人としての基礎、そしてデザイナーとしての基礎を着実に身につけていった田村さんが、最初に自分でめがねをデザインされたのはいつ頃なんですか?

田村デザインストロークが完成してすぐに、本格的にサンプルの制作に着手しました。サンプルなので、もちろん通常の製品のように機械は使わせてもらえないので、すべて手作業で行います。プラスチックを貼り合わせて塊にして、それを彫刻のように削りだしていくんです。サンプルをつくっては、青山に確認して意見をもらって。それを繰り返して、つくりあげていきました。

【FACTORY900 デザイナー】青山嘉道さん×田村洋介さん Wインタビュー 「“美しさ”を追い求めるデザイナーたちのリレー」【後編】

例えば、青山さんはどんな意見をくれるんですか?

田村最初のサンプルを見せたときは、「これは15点だな」と言われました。

道は厳しいですね…!

青山15点「も」あげたんだっけ?(笑)いや、まあ本当は僕が偉そうに点数なんかつけちゃいけないんだけど、こればっかりは数をこなして身体に染み込ませていくしかないから。

田村実際、僕も具体的なイメージが描けてなくて、そのときは闇雲に手を動かしていただけでしたからね。そういったやりとりを通じて少しずつ「これだ」という形を探っていきました。何カ月もかけてようやく納得のいくサンプルをつくることができるようになったら、その後はひたすら図面を描く作業に移ります。これも大変でした。この作業は今でも苦労しますね。

その図面は、前編でおっしゃっていたように社長にも見せるんですか?

田村そうです。社長が金型の設計をしてくれるので。それで「ここのラインは何度なの?」とか「この面とこの面とはどう繋がってるの?」と聞かれるのですが、そのときの僕はちゃんと答えられないんですね。それは結局ふわっとしたイメージで図面を描いているからで、そういう「嘘」のある図面って全部ばれちゃうんですよ。そのたびに描き直して、結局スケッチブック1冊以上の図面を描きました。

図面を描く段階でも青山さんからのアドバイスはあったんですか?

青山最初のめがねに関してはばんばんディレクションしました。相談しながらつくりあげていった感じかな。もちろん、彼のめがねだから、あえて指摘しないでそのままにしておく部分もありましたけどね。完成したのが取り掛かってから、ちょうど1年後だったよね。

ユーザー目線。それが彼の強み

1年の試行錯誤を経て生まれたモデルが……

田村「FA-068」です。

【FACTORY900 デザイナー】青山嘉道さん×田村洋介さん Wインタビュー 「“美しさ”を追い求めるデザイナーたちのリレー」【後編】
田村さんが最初に生み出したモデル「FA-068」

コンセプトを教えてください。

田村「逆Rの面をもったゴーグルタイプのめがね」です。上からみると、レンズの上部から顔に当たる部分をつなぐフレームの面が、内側にえぐれているのが分かると思います。立体的な造形が多いFACTORY900の中でも、「まだ試されていない表現」を探るうちに思いついたアイデアです。

前方にぐっと突き出したブリッジには、FACTORY900らしさを感じますね。

田村そうですね。やっぱり僕はFACTORY900のデザインに憧れがありましたから。もちろん、ただ憧れるだけじゃなくて自分の想いも詰め込みました。

「逆R」以外には、どんな想いがあったんですか?

田村ゴーグルタイプのめがねは、入れるレンズはカーブがきついものが多いので、そうすると強度近視用のレンズ(レンズの縁が厚くなるので、めがねのフレームからレンズの縁が大きく飛び出す事が多い)を入れることができないんです。というか、そういうめがねフレームの条件にあったレンズをつくれるメーカーさんがなかなかないんです。それが理由で欲しいめがねを諦めているお客さんを、めがね屋で働いているときに何人も見てきました。だから、ゴーグルタイプでありながら、レンズを真っ直ぐにしたデザインを考えたんです。

見た目の部分だけでなく、使いやすさの部分までが考えられたデザインなんですね。

青山そういうユーザー目線でバランスをとれるところが、僕とは違った田村の強みだと思います。僕は「もの至上主義」だから。

田村そこはめがね屋さん時代の経験が活きているんだと思います。

自分の想像の上をいくめがねが生まれた!

「FA-068」のめがねは、どこかに出展されたのですか?

田村フランスで行われる展示SILMO(シルモ)に出展させてもらいました。ただああいうゴツいめがねって、ヨーロッパでは受け入れられにくいと言われていて、実際にあまり売れなかったんです。でも、だからって「次はヨーロッパを意識したものをつくろう」とはまったく思わなくて、むしろ翌年に手がけた「FA-069」は、「もっとゴツいものにしてやろう」くらいの気持ちでした。

「FA-069」、ゴツっとしながらも曲線的で丸みのあるデザインですよね。

【FACTORY900 デザイナー】青山嘉道さん×田村洋介さん Wインタビュー 「“美しさ”を追い求めるデザイナーたちのリレー」【後編】
FA-069

田村そうですね。とにかくズシッと詰まったものがつくりたかったんです。手にとったときにしっかりと重さが感じられるものを。変な言い方ですけど、そういうモノとしての存在感があるめがねの方が、お客さんも「買い応え」があるんじゃないかと考えました。全体に丸みを帯びているのは、当時のFACTORY900のコレクションとの差別化を意識したつもりです。

その次に手がけられた「FA-320」になると、「FA-069」からやや削ぎ落とされたエッジーな印象になりますよね。

【FACTORY900 デザイナー】青山嘉道さん×田村洋介さん Wインタビュー 「“美しさ”を追い求めるデザイナーたちのリレー」【後編】
FA-320

田村お客さんに「次もゴツいのつくるんでしょ」と読まれている気がして。だからあえてそれまでの形とは全然違う、僕らしくないシャープなデザインに挑戦しました。

お話を聞いていると、田村さんは本当にユーザーのことを意識されているのがわかります。「FA-068」「FA-069」「FA-320」を皮切りに、数々のモデルを手がけられていますが、その中で最も手応えのあったモデルを教えてもらえますか?

田村「FA-324」ですね。当時やりたかったことを全部詰め込めました。上下でフレームの色が分かれているんですが、これは1回つくったものをあえて半分にして、再度つなぎ合わせているんです。こんなつくり方ができるのは、ウチぐらいじゃないでしょうか。切削の技術、プレスの技術、どれをとっても他の会社さんでは恐ろしくてできないはずです。社長も本当に応援してくれて、遅くまで制作に付き合ってくれました。完成したときは、本当に感動しました。

【FACTORY900 デザイナー】青山嘉道さん×田村洋介さん Wインタビュー 「“美しさ”を追い求めるデザイナーたちのリレー」【後編】
FA-324

「自分の思い描いたものがそのまま形になって出てきた!」という感動でしょうか?

田村いや、自分の思い描いた以上のものができたと感じたんです。つなぎ目が、本当にきれいにピタッと…あのときの鳥肌が立つような感覚は忘れられません。

青山さんの目に、「FA-324」はどう写りましたか?

青山うーん、難しいなぁ、褒めていいのかなぁ…?(笑)。ただ、ひとつの事実として、「FA-324」に関して僕はほとんど口を出しませんでした。それはきっと彼なりに、自分のやりたいことが明確に見えてきたからだと思います。それと「FA-324」がウチのエース機として、とてもよく売れていることは間違いありません。

1
2
日本橋たまご
書店で働きながら文章を書いています。 「たまごを割らずにオムレツは作れない」をモットーに、色々なジャンルの記事に挑戦していきたいです。 好きなめがねはもちろんオーバル型。