めがねの見方が変わるサイト

めがねの見方が変わるサイト

役者 早乙女友貴さんインタビュー

役者 早乙女友貴さんインタビュー

| めがね新聞編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

長年、舞台を中心に活躍する俳優の早乙女友貴さん。お洒落アイテムとして伊達めがね・サングラスを50個ほど持っていたという彼に、めがねのことを聞いてみました。

めがねについて

大衆演劇役者 早乙女友貴さんインタビュー

視力はおいくつなんですか?

早乙女友貴わからないです。ただ17歳のとき劇団朱雀の“早乙女太一 THE FINAL 忘年祭”の舞台本番の登場シーンで刀が右目に当たってから、右目のほうがよく見えないです。

えっ強く当たったんですか?

早乙女友貴そうなんです。一瞬なにも見えなくなって血も出ました。そのまま目を腫らせてカットバンなんかをつけて舞台を続け、終わった後に病院に行きました。

すごいですね。どのくらい見えなくなりました?

早乙女友貴看板の字や映画の字幕とかが目を細めないと見えないくらいですね。

コンタクトはつけていないんですか?

早乙女友貴コンタクトは合わないんですよね。前に舞台でカラーコンタクトをつけたのですが、痛くて涙が出て化粧が剥がれて嫌でした。仲間でコンタクトをつけている人もいるのですが、舞台中にコンタクトが取れているのを何度も見ているので、あんまりつけたくないんですよ。

度付きのめがねは持ってないんですか?

早乙女友貴持ってないです。伊達めがねとサングラスのみですね。

伊達めがねはどうしてかけようと思ったんですか?

早乙女友貴15歳くらいの時に洋服が好きになって、それから伊達めがねやサングラスを買うようになりました。

大衆演劇役者 早乙女友貴さんインタビュー

おしゃれのためなんですね!今つけてるめがねブローチも可愛いですね!

早乙女友貴ブローチっていろんなものにつけれるから、いいアイテムだなと思って。ブローチは初めて買いました。たまたまシャネルのお店で見つけて。

伊達めがねはどのくらい持っているんですか?

早乙女友貴50個くらいでしたね。サングラス30個と伊達めがね20個くらい持ってました。ただ、今はサングラス2個しか残ってないんですよ。

え!?48個はどこへ行ったんですか!?

早乙女友貴全部なくなりました。飲んでて酔っぱらうと置いてきちゃうんですよ。一番多いのはタクシーですね。

大衆演劇役者 早乙女友貴さんインタビュー

今回かけているサングラスは貴重ですね(笑)。

早乙女友貴そうですね。沖縄の空港の免税店で「形が面白いなぁ」と思って買っちゃったんですよ。このサングラスもお店に置いてきそうになったところをお店の方が届けてくれて助かりました(笑)。

サングラスはどう使っているんですか?

早乙女友貴眩しいときに普通にかけます。眩しくなくなったら胸にかけたり、髪を上げるために頭にかけたり。

友貴さんにとってめがねとは?

早乙女友貴ファッションとしてのアクセサリーでもありますが、あまりまじまじと顔を見られたくないので、顔を隠す道具ですかね。なにもなしで、オールバックとかでは外を歩けないですね。

役者の仕事とファンクラブについて

大衆演劇役者 早乙女友貴さんインタビュー

役者になってどのくらいですか?

早乙女友貴1歳から舞台に出ているので、5月14日の誕生日で20年になります。

20年を迎えるにあたって、役者としてどのようになりたいですか?

早乙女友貴いろいろなことに挑戦したいです。自分を磨いている最中なので「こうなりたい」とか目標は持たずに、今できることをやるだけっていう感じです。

ファンの方との交流はありますか?

早乙女友貴ファンクラブイベントで京都に行きました。4月にはバーべーキューしにいきます。

京都にバーべーキュー……すごいファンサービスですね!

早乙女友貴ファンの人と話す機会はほとんどないんですが、「素の部分を見せてくれると嬉しい」という言葉が多かったので、プライベートに近いような姿を見せられる場を作りたいと思ったんです。

友貴さんにとって、ファンクラブとは?

早乙女友貴ファンクラブでしか見せられない僕の素の部分や姿だったりとか、他では見れない僕を見せる場所ですね。

大衆演劇役者 早乙女友貴さんインタビュー

ありがとうございました!

コメント動画

関連サイト

早乙女友貴オフィシャルファンクラブ
4月15日(土)に行われるファンクラブイベントの申し込みは3月15日(水)15:00まで。
※イベントの申込には会員番号が必要となります。余裕をもってご入会いただくことをお勧めいたします。

めがね新聞編集部
着用はしつつもめがねへの興味が薄かった人、めがねを常用している人、めがねが大好きな人…めがねに触れている全ての人が楽しめるメディアを目指します。