めがね(メガネ・眼鏡)の見方が変わるサイト

めがね(メガネ・眼鏡)の見方が変わるサイト

【おかゆ太郎のラッキーめがね】今週(5 /28〜6/3)のラッキーめがねは「スクエア型」

【おかゆ太郎のラッキーめがね】今週(5 /28〜6/3)のラッキーめがねは「スクエア型」

| めがね新聞編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

「今週なんかついているなぁー」と思うときって、ありませんか? 実はあなた、知らず知らずのうちに「ラッキーめがね」だったのかもしれませんよ!?

【おかゆ太郎のラッキーめがね】では、今週1番ついている「ラッキーめがね」を占って発表します! そして(ここからがこのコーナーの見せ場なのですが)そのめがねをかけていた人はどんなラッキーなことが起きるのかを、『あらびき団』の渡辺ラオウとして注目されたピン芸人「おかゆ太郎」さんに実演してもらいます!!

今週(5/28〜6/3)のラッキーめがね

「めがねフレーム」の形ってこんなにあるの!?

スクエア型

今週のラッキーめがねは「スクエア型」。四角いスクエア型は全体に直線的なフレームで構成されているので、シャープで知的なイメージを与えます。

「スクエア型」めがねをかけている人に、今週人生最大級のラッキーが降臨します! さぁ今すぐ「スクエア型」をかけよう!!

WEBディレクター佐伯太郎のスクエア型めがね

【おかゆ太郎のラッキーめがね】今週(5 /14〜5/20)のラッキーめがねは「黒縁めがね」
WEBディレクター歴8年 佐伯太郎(32)

自称WEBディレクター 佐伯太郎(32)は、いわゆる会社の中堅どころだ。チームリーダーとして、チームを率いている立場だ。しかし、全くリーダーの素質がない。本人のやる気も全く感じられない。名ばかりリーダーなのである。

スタッフに指示を出すときも、全く冴えない。話しかけた途端に噛む。部下からは「カムカム佐伯」と呼ばれている。

【おかゆ太郎のラッキーめがね】今週(5 /14〜5/20)のラッキーめがねは「黒縁めがね」
「明日までに資料つくってくれないかな…」と部下にお願いするカムカム佐伯

「僕にリーダーは向いていないと思います…。」と部長に飲みの席で相談するも、「そんなのわかってるんだよ!」と一蹴されてしまう。「なんだかな…。」とトホホなカムカム佐伯さん。

めがねが、今週のラッキーめがねになった途端…

【おかゆ太郎のラッキーめがね】今週(5 /14〜5/20)のラッキーめがねは「黒縁めがね」
重要な会議の場で、素晴らしいプレゼンテーションを行うカムカム佐伯さん。

大きい通る声、わかりやすい説明、そして、肌のツヤ! もうカムカム佐伯とは呼ばせない。

【おかゆ太郎のラッキーめがね】今週(5 /14〜5/20)のラッキーめがねは「黒縁めがね」
部下に鋭い質問をするリーダー佐伯さん。

会議中、見えないと思ってFacebookを楽しんでいる部下に鋭い質問を出す佐伯さん。「今の事案に対してあなたならどう対処しますか? ゴールはどこだと思いますか?」

【おかゆ太郎のラッキーめがね】今週(5 /14〜5/20)のラッキーめがねは「黒縁めがね」
動く様も何だかしなやか。

会社の報告会議でも、「バジェットが足りないんじゃないですか!? 部下を何だと思っているんですか!? 人が動くからにはお金がかかるんですよ!!」と上司にも切り込むカミソリ佐伯さん。

【おかゆ太郎のラッキーめがね】今週(5 /14〜5/20)のラッキーめがねは「黒縁めがね」
全身に力がみなぎる佐伯さん。

クライアントからの信頼も絶大に。「とにかくクライアントは恋人だと思って接しています。ハートをつかみにいってるんですね、ガシッと。」

【おかゆ太郎のラッキーめがね】今週(5 /14〜5/20)のラッキーめがねは「黒縁めがね」
部下からのナイスアイデアに思わず口角があがっちゃうゴールデン佐伯。

「そのアイデアどこで考えたの? どうしてそんなの考えついちゃったの? このプロジェクトこれでいこう! 採用!!」と部下と握手。

・・・

・・・

・・・そして、1週間後

・・・

・・・

【おかゆ太郎のラッキーめがね】今週(5 /14〜5/20)のラッキーめがねは「黒縁めがね」

・・・地方移動に・・・

来週のラッキーめがねもお楽しみに!

おかゆ太郎
おかゆ太郎

SHUプロモーション所属のピン芸人。 テレビ等メディアでの活躍の他、都内を中心にお笑いライブにも多く出演。 渡辺ラオウという芸名も持ち、体を張った芸と一人コントを得意とする。 SHUプロモーションライブ「ガブリヨリ」は、毎月第三水曜日に新宿バティオスにて開催。[Profile]

めがね新聞編集部
着用はしつつもめがねへの興味が薄かった人、めがねを常用している人、めがねが大好きな人…めがねに触れている全ての人が楽しめるメディアを目指します。