あなたの変化に、そっと寄りそう

あなたの変化に、そっと寄りそう

【めがねと映画と舞台と】第31回『マイ・ブックショップ』

【めがねと映画と舞台と】第31回『マイ・ブックショップ』

| 八巻綾(umisodachi)
このエントリーをはてなブックマークに追加

物心ついたときから、私は本ばかり読んでいる子どもでした。『ものぐさトミー』を何度も何度も貪り読み、『やかまし村のこどもたち』の世界に行きたいと本気で願い、『蜜柑』(芥川龍之介)のラストで目の前に広がる開放感に驚嘆し、『蠅の王』に強烈なショックを受け……家でも、通学中も、学校でも、常に本を読んでいました。内向的で外遊びも運動も苦手な私にとって、本は無限に広がるテーマパークのような存在だったのです。

今回ご紹介する『マイ・ブックショップ』の主人公も、本に魅せられた人間のひとりです。

【めがねと映画と舞台と】第31回『マイ・ブックショップ』
© 2017 Green Films AIE, Diagonal Televisió SLU, A Contracorriente Films SL, Zephyr Films The Bookshop Ltd.

フローレンスは戦争で夫を亡くした女性。1959年、彼女は海辺の町に唯一の書店を開こうと決心します。ひたすらに本を愛し、一点の曇りもなく目標を見据えるフローレンス。しかし、彼女の味方はそれほど多くはありませんでした。いえ、むしろ悪意に囲まれていたといってもいいでしょう。町の権力者を筆頭に、彼女はありとあらゆる妨害を受け続けることになります。

イギリスの田舎町の美しい風景、思わず見惚れてしまう優しい色合いの素敵な衣裳、淡々とした穏やかな会話。まるで絵本のような映像美で描き出されているのは、フローレンスの静かなる闘いです。ささやかだけれど大いなる希望と、静かだけれど苛烈な怒り。色とりどりの紙の束の中に無限のドラマが隠されている本のように、『マイ・ブックショップ』の穏やかな映像の中には、激しい感情の嵐が秘められています。

でも、フローレンスには心強い味方がいます。それは、40年間引きこもって読書ばかりしている老紳士ブランディッシュ。妻に先立たれたらしい彼は、フローレンスにおすすめの本を見繕うように依頼します。そうして読んだレイ・ブラッドベリの『華氏451度』に心を奪われ、彼はフローレンスと心を通わせていくことになるのです。名優ビル・ナイ演じるブランディッシュは、本の山に囲まれて、来る日も来る日も夢中で本を読んでいます。そう、めがねをかけて。

【めがねと映画と舞台と】第31回『マイ・ブックショップ』
© 2017 Green Films AIE, Diagonal Televisió SLU, A Contracorriente Films SL, Zephyr Films The Bookshop Ltd.

本を読むときは必ずめがねをかけてじっくり文字と向き合い、誰かと話すときはめがねを外して真摯に相手と向き合う。人付き合いを避けて生きているブランディッシュが絞り出すように発する言葉は、優しく強く、まっすぐにフローレンスの胸に響きます。『マイ・ブックショップ』を観た後に私の胸に残ったのは、ブランディッシュの深い深い眼差しでした。

ところで、『マイ・ブックショップ』を観る上で忘れてはいけないのは、さりげなくストーリーとリンクする名著たちの存在です。例えば、ブランディッシュが心奪われた『華氏451度』は、本を読むことを禁止された世界で、本を知った男の物語。他にも、ウラジミール・ナボコフの衝撃作『ロリータ』や、リチャード・ヒューズの『ジャマイカの烈風』(私の愛読書『蠅の王』に影響を与えた作品!)、若くして戦死したチャールズ・ハミルトン・ソーリーの詩の一節など、様々な傑作が登場します。本の知識が多い人であればあるほど、『マイ・ブックショップ』の内容をより深く楽しめるはずです。

『マイ・ブックショップ』は、映画好きはもちろん、本をこよなく愛しているあなたにも全力でおすすめしたい作品です。ひとりの女性の静かなる情熱と、めがねをかけた老紳士の深く強い想いは、あなたが持つ本への愛情に、さらなる火をくべずにはおかないでしょう。

【めがねと映画と舞台と】第31回『マイ・ブックショップ』
© 2017 Green Films AIE, Diagonal Televisió SLU, A Contracorriente Films SL, Zephyr Films The Bookshop Ltd.

映画『マイ・ブックショップ』

【めがねと映画と舞台と】第31回『マイ・ブックショップ』
© 2017 Green Films AIE, Diagonal Televisió SLU, A Contracorriente Films SL, Zephyr Films The Bookshop Ltd.

3月9日(土)シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMA他にてロードショー

監督・脚本:イザベル・コイシェ
出演:エミリー・モーティマー、ビル・ナイ、パトリシア・クラークソン

原作:「ブックショップ」ペネロピ・フィッツジェラルド著(ハーパーコリンズ・ジャパン*3/1刊行)

2017|イギリス=スペイン=ドイツ|英語|カラー|5.1ch|DCP 原題:The Bookshop

『マイ・ブックショップ』公式サイト

タグ