めがねの見方が変わるサイト

めがねの見方が変わるサイト

第11回 春の展示会雑感

第11回 春の展示会雑感

| 伊藤 美玲
このエントリーをはてなブックマークに追加

えっ、また展示会の話かって?

タイトルを見て、そう思った方もいるでしょう。だって、春の展示会は年に2度あるめがね祭り(私は展示会シーズンをそう呼ぶ)のひとつですから、いろいろ書きたいことがあるんです。今回は、春の展示会取材を終えての雑感をまとめてみようと思います。

「今季の新作の傾向は?」というのは毎回よく聞かれる話ですが、数年前の黒セル全盛のときに比べたら、いい意味で年々その傾向はひと言で括りにくくなっているように思います。

そのなかでも目立っていたのは、昨シーズンに引き続きツーブリッジ(ブリッジが2本になっているスタイル)やハイブリッジ(ブリッジが高めについているスタイル)。
これまでツーブリッジといえばアヴィエーターなどサングラスのイメージでしたが、オプティカルでも採用しているものが増えています。レンズシェイプも、ラウンドだったりボストンだったり様々です。

第11回 春の展示会雑感

そんななか、私も昨年から女性が掛けやすいツーブリッジをいろいろと探しているんですが、今回ayameの新作のツーブリッジは顔馴染みが良くさらりと掛けられる感じでした。

第11回 春の展示会雑感

カラーとしては、ピンクやベージュ、グレーといった淡い色が増えている印象。いずれも明るすぎずトーンを落としたものが中心で、淡い色の柄模様とかクリア系生地のものも目立っていましたね。
私はわりと濃いめの色のフレームばかり掛けてしまう傾向があるので、チャレンジしてみたいカラーでもあります。

第11回 春の展示会雑感

そして気になるのは、トレンドのラウンドの次を探している人に打ってつけといえそうな天地幅のゆったりしたスクエアやオーバル、多角形です。これらはいずれもメタルフレームが多い印象ですかね。
個人的には、オーバルがとても気になっています。オーバルって、ともすると凡庸になりがちなシェイプだから選び方がとても難しい。でも、クレイトンフランクリンの昨年モデルの新色は、作りの美しさと赤みのあるデミ柄のアクセントが効いて、お洒落っぽく掛けられそうでした。

あとは、メタルフレームが年々繊細さを極めていき、フォーナインズからもクラシカルなツーポイントが登場した一方で、ややゴツめのプラスチックフレームを打ち出すブランドがまた出始めてきているのも興味深かったです。

たしかに私も、日常的には繊細なフレームを手に取ってしまうことが多いけれど、久しぶりに存在感のあるフレームを掛けたいなという気分になっているのも事実。揺り戻しってやつですね。

……と、なんだかこのレポートの内容では、「いろいろあり過ぎて、傾向のまとめになっていない!」とお叱りを受けそうですが……。でも本当にここには書ききれないぐらい、多彩な新作が発表されているんですよ。
各ブランドの強みや個性が発揮されている新作コレクションを見るのは、本当に楽しいもの。そこから自分に合う1本を悩んで悩んで選ぶのも、また楽しいわけです。

でもって、私はまた購入するフレームを決め切れていないまま。あー、もういっそ全部買ってしまいたいー!

伊藤 美玲
出版社に勤務した後、2006年にフリーライターとして独立。 眼鏡好きが高じて展示会やショップを訪れるようになるうち、 仕事のフィールドが眼鏡中心に。現在は数少ない眼鏡ライターの 一人として、国内外の展示会や工場の取材、デザイナーへの インタビューなどを行ない、眼鏡専門誌やモノ雑誌を中心に執筆中。(Profile